クラウドファンディングを実施します!

調査隊が使っている3台の車は、1994年-1999年製造の、古いものです。
大事に使ってきましたが、いずれも老朽化し、残念ながら、今年7月に迫った車検を乗り越えられるか、危うい状況です。
調査をこれからも続けるためには、新しく車を購入する必要があります。
academistさんのサイトで、クラウドファンディングを実施し、みなさまからのご支援で、新たな車を購入したいと思います。

実施期間 2019年3月19日から5月20日
目標金額 150万円
実施サイト https://academist-cf.com/projects/112?lang=ja
宣伝チラシはこちらPDF

みなさんのご支援をお願い申し上げます。

クラウドファンディング、注目のリターン! サイエンスカフェ

ヤクザル調査隊員が、全国7箇所でサイエンスカフェを実施します!

※これらのイベントは、調査隊OBOGにも公開しますので、調査隊員とも交流していただけます。
※付き添いの方1名も、参加していただけます。
※10,000円以上寄付してくださった、すべての方は、このいずれのイベントにも参加することができます。
※参加を希望される人数が、受け入れ上限を超えた場合、ほかのイベントに回っていただくことがございます。 
※当日ご参加いただけない場合には、後日資料を共有させていただきます。
※交通費、入園料等は、別途ご負担いただきます。

熊本市

2019年7月15日(海の日)
ニホンザルの生態やヤクザル調査隊についてスライドでご紹介します。

愛知県犬山市

2019年8月3日(土)
2019年の調査員への事前講習と合同です。飼育ニホンザルを観察しながら、調査に必要な知識を、今年の調査員とともに学んでいただくとともに、スライドを使って、ニホンザルの生態やヤクザル調査隊についてご紹介します。

京都市

2019年8月3日(土)もしくは4日(日)
2019年の調査員への事前講習と合同です。嵐山モンキーパークいわたやまで、餌付けニホンザルを観察しながら、調査に必要な知識を、今年の調査員とともに学んでいただくとともに、スライドを使って、ニホンザルの生態やヤクザル調査隊についてご紹介します。

東京(その1)

2019年8月3日(土)もしくは4日(日)
2019年の調査員への事前講習と合同です。飼育ニホンザルを観察しながら、調査に必要な知識を、今年の調査員とともに学んでいただくとともに、スライドを使って、ニホンザルの生態やヤクザル調査隊についてご紹介します。

鹿児島市

2019年9月初旬
屋久島のニホンザルが飼育されている平川動物公園を、解説付きでご案内し、その後、スライドを使って、ニホンザルの生態やヤクザル調査隊についてご紹介します。

東京(その2)

2019年10月5日(土)もしくは6日(日)
ヤクザル調査隊OBで、1970年代に屋久島でニホンザルの調査を開始した丸橋珠樹と、「カラスの教科書」の松原始が、屋久島の自然、ニホンザル、ヤクザル調査隊のフィールドワークについてお話します。

札幌市

2019年10月ごろ
ニホンザルの生態やヤクザル調査隊についてご紹介します。

浜松市

時期未定
ご希望に合わせて時期を調整します。ニホンザルの生態やヤクザル調査隊についてご紹介します。


クラウドファンディング、注目のリターン! サイン本

ヤクザル調査隊員が執筆した本を、サイン入りで差し上げます!

※30,000円以上寄付してくださった方に、以下の3冊のいずれかを著者のサイン入りで謹呈します。

「サルと屋久島 ヤクザル調査隊とフィールドワーク」 半谷吾郎・松原始 著(旅するミシン店)

ヤクザル調査隊初期の歩みを、調査隊事務局長の半谷吾郎と、「カラスの教科書」の松原始が振り返りました。

「カラスと京都」 松原始 著(旅するミシン店)

「サルと屋久島」が調査員たちの屋久島での夏の祭りのことを書いた本なら、こちらは、京都での日常を記した本です。

「ヤクシマザルを追って 西部林道観察ガイド」 山極寿一 著(あこんき塾)

現在は京都大学総長の著者が、1990年代に、屋久島の地元の人たちと一緒に作り上げた、西部林道のサルたちの観察ガイド絵本です。書店では手に入らない貴重品です!



copyright © 1989-2019 Yakushima Macaque Research Group. All Rights reserved.